*当サイトの記事はアフィリエイトリンクを含む場合があります。

Alpine Ski News

スキー板はなぜ縦方向が速いのか。大越龍之介選手、アルペンとスキークロスの二刀流挑戦へ 他

Photo:shutterstock.com

hide

今回は4つの話題です。下記の目次からどうぞ。

2022−2023全日本ナショナルスキーチームウェアスポンサーロゴあり、なしの予約受付中

SAJのナショナルスキーチームウェアの予約は下記でおこなっています。その他様々なニューモデルの受付をしているので気になる人はリンク先をご覧ください。

大越龍之介選手アルペンとスキークロスの二刀流に挑戦

まずはYahooの記事からどうぞ。

世界選手権2つに出れば史上初の快挙ということになるようです。

以前、須貝龍選手がアルペンW杯に出てからスキークロスに転向というケースがありましたが、今季は大越龍之介選手と向川桜子選手が転向。しかし、両立というケースは過去にはありませんでした。

2026イタリアでの冬季五輪代表入りを2種目で狙うのであれば、非常に面白い展開になるのではないかと思います。

アルペンでも狙える位置ですからね。

なお、今後このような2種目で狙っていく選手がアルペンでも増えるのではないかと思っているので、下記で続きを書きたいと思います。

レデツカのように二刀流アルペン選手が増える可能性。モーグルメダリストがSLでも上位の成績

単純に考えると

  • この記事を書いた人

hide

スキーや旅、ITについて書いてるブログです。スキーはフェイスブック、ITや生き方、考え方はTwitterで書いてます。

-Alpine Ski News
-

テキストのコピーはできません。